コラム記事

白砂糖について

白砂糖について

よくご存じの方も多いと思いますが、白砂糖は常食してよいものではありません。昔は、薬として使われていましたので、健康な人が薬を飲み続けることの不自然さがわかるかと思います。


原料は、トウモロコシなどですが、精製を繰り返し、人工的な化学物質に変化しています。実は、麻薬などと一緒で、依存性が高く、肉体や精神にもダメージを与えます。


砂糖をやめようとすると禁断症状が出て、食べたくてしかたなくなるのです。しかも、今は、コンビニがあって、24時間甘いものを手に入れることができるため、砂糖立ちをするのはかなり困難です。


昔の甘味は、水菓子=果物のことでした。水羊羹などのひんやりした水分の多いデザートと勘違いされている方もいらっしゃいますが。果物や野菜なども十分に甘く感じられたのです。


さて、シュガーフリー(砂糖なし)の生活をする場合、徐々に減らしていく方法が現実的でしょう。特に家族がいる場合は。


代用する

1.料理の砂糖をみりんに代える。みりん風調味料ではなく、伝統的な製法で作られたものを。

2.白砂糖をきび砂糖や粗糖に代える。精製度が低いもので、製法が化学的でないものを選ぶ。

3.おやつを手作りする時は、例えば、砂糖の入っていないホットケーキを焼いたり、夏であればかき氷を作ってメープルシロップをかけるなど。


選ぶ

1.市販のものを買う場合は、原材料に「果糖ぶどう糖液糖・砂糖・カタカナの人口甘味料」が入っていないものを選びます。

難しい場合は、シンプルなおせんべい+バナナといった組み合わせでも。普段買い物をするお店で探す方が簡単で長続きします。


2.保存できるという点で、ドライフルーツもおすすめです。その際も、できるだけオーガニックのものなどを選ぶのが理想的ですが、一度に全て完璧でなくてもよいのでできる範囲で。続けることが大事です。


しばらくすると自然と白砂糖を使った「強い甘みのお菓子」などは欲しくなくなります。


そうなったら、次の段階に進めばよいと思うのです。特に家族がいる場合は。

PIIKKISIKAのお菓子が買えるお店

リマ新宿店/東京
オーサワジャパン直営店

おやきのほり川/長野市青木島
クッキー各種

コトリの湯/長野市松代

コトリクッキー(オリジナル)
※只今改装中

〇ご注文後、工房受取
長野市青木島2-2-3 受取方法はこちら ※店舗ではございません。
※Yモバイルさんの真裏のため同じ住所表示になります。

〇FAXでご注文
注文方法は、こちら 専用FAX用紙はこちら ※用紙に記載のない場合も、当サイトで販売中の全商品が購入可能です

カレンダー
  • 今日
  • お休み
  • 出店


〇定休日:土日祝日、出店翌日、季節休み(発送及びメール返信もお休み)
〇お問合せには、3営業日以内にご返信いたします。
〇お届希望日がない場合、商品ができしだい順次発送させていただきます。(概ね5営業日以内)

PIIKKISIKA日記

お菓子のことや出店のことなど書いています。
日記はこちら

米粉のお菓子PIIKKISIKA

381-2247長野市青木島2-2-3

TEL&FAX026‐405‐9915

代表 上沢敦子

P3台 

※場所はYモバイルさんの真後ろになるため、同じ住所表示となります。

QR

ページトップへ